オーストリアウィーン銀貨の商品紹介ページ ウィーン銀貨は、オーストリアの銀貨です。 オーストリア造幣局が1989年に発行しました。 美しいデザインが特徴で、表面にはパイプオルガンがレリーフされています。 これはウィーンフィルハーモニー楽団の定期演奏会が開かれる楽友協会大ホールで使われているパイプオルガンです。 ゴールデンコンサートホールとしても知られる楽友協会大ホールは、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団が演奏するホームシアターでもあり、オーストリアの首都であるウィーンのインネレシュタット区にあります。 裏面には「ホルン、ハープ、チェロ、ビオラ、バイオリン、ファゴット」と6つの管弦楽器がデザインされており、草案から最終デザインまでかかった期間は約1年です。 このデザインは毎年表裏両面に使われるだけではなく、フィルハーモニーのプラチナコインにも使われています。 これらのデザインはオーストリアが国家として認めた正真正銘の地金型金貨・銀貨ですから、ヨーロッパで人気があり、世界的に最も売れている銀地金のひとつです。 由緒ある銀貨ですから、コレクションとしても将来的な価値にも期待できる銀貨です。

ウィーン 銀貨

20商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
20商品 1-20表示
  • <
  • 1
  • >
20商品 1-20表示
  • < Prev
  • Next >
新規会員登録の詳細ページ
  • 新着商品案内ページ
  • フリーダイヤル案内
  • 地金銀貨
  • ライン登録紹介

モバイルショップ

上へ