1. ホーム
  2. 記念銀貨の価値は?値段に差がつくポイントをチェック

記念銀貨の価値は?値段に差がつくポイントをチェック

記念銀貨の価値は?値段に差がつくポイントをチェック

記念銀貨をコレクションし始めると、これまでに発表されているあらゆる記念銀貨を手に入れたくなるのが人間の欲というものです。毎年新たに発表される記念銀貨の価値は、今後どんどん成長してくれるという期待がありますが、もうすでに大きな価値を得ている過去の作品についても、手に入れたいと考える人は少なくありません。お気に入りのシリーズや毎年国が発表している銀貨とは違い、存在そのものにプレミア価値がある記念銀貨だからこその魅力です。

その記念コインについて、コレクションを進めると気づくことがあります。それは「同じように経年しているにもかかわらず、価値の動きが違うものがある」ということ。そして、高額なコインにこそ魅力を感じてしまうのが、不思議な現象だといえるでしょう。価値の動きが違う記念銀貨ですが、他のものとの違いが必ずあります。例えば「限定生産品」という付加価値です。生産枚数自体が少ないものであれば、手に入れられる人数が限られてしまいます。世界中で1500枚しか作られなかった記念銀貨であれば、年数を追うごとに現存枚数が目減して、最終的には最後の1枚になることもあり得ないことではないのです。その最後の1枚には、計り知れない価値が付けられるのは想像に難くありません。まさにプレミア価格です。

他にも価格差が生まれる原因に、他の「記念との重なり」というものが挙げられます。例えば、2000年というミレニアムに加えて、シドニーオリンピック開催という2つの記念イベントが重なった年があります。そこで発表された1オンス記念銀貨には、5ドルの表記に対して6,000円もの取引価格を表示されています。およそ10倍の価値です。通常のオリンピック記念銀貨の場合、そこまでの値上がりを見せているものはありません。複数の記念が重なること自体が稀なので、当然コレクターからは希少価値の高いものとして人気を集めます。

記念コインは常に安定した取引価格を維持しています

記念コインの持つ単純な値段としては、表記されている金額が全て。5ドル銀貨は5ドルでしかありません。しかし、そこにプレミアが加味されることで、その価値が何十倍になるものも出てくるのが記念コインの面白さです。銀相場が著しく値上がったという状況が発生していないので、常に安定した取引価格を維持しています。そこにどんなプラス要素が加わるかは、未来への希望としてロマンを追い求める楽しみの一つだといえるでしょう。

銀貨コレクションを始めるタイミングが遅すぎることはありません。ちょっと気になったという思いつきでも、一度手にとってみればその魅力を感じられるでしょう。気付いた時に複数枚の銀貨が集まっていた、それが大きな投資になっていて、資産としても相当額になっていたということも少なくありません。ぜひ一度、記念銀貨にどんな物があるのか調べてみてください。こんな記念イベントがあったんだと驚くことや、懐かしいイベントを思い出すきっかけになるものもたくさんあります。たった1枚の記念硬貨だけでも、あなただけの素晴らしい思い出になる可能性があるでしょう。

記念銀貨をお探しの方はこちら
  • 新着商品案内ページ
  • フリーダイヤル案内
  • ライン登録紹介

モバイルショップ

上へ